« 薬師岳 | トップページ | 浅間山 »

2012年9月 8日 (土)

草津白根山

平成24年8月25日

P8250003_51224日金曜日に名古屋~信州中野まで移動し、IC手前のSAで朝まで仮眠。翌朝6時に目が覚め、志賀高原に向った。途中で感じのよい湿原があったので立ち寄ってみた。

看板には田ノ原湿原と書いてあった。リフトもあったので冬場はスキー場になるのだろう。

その後、横手山を過ぎて行くと前方に湯釜の山頂付近が見えてきた。

白根レストハウス駐車場に着くと多くの観光客が湯釜を目指して登っているが私は反対側の本白根山を目指すことにする。手前に逢ノ峰をいう小ピークああるので登ってみると眼下に湯釜方面全体が見渡せた。P8250009_512_3

この小ピークを一旦下りると道路に出る。正面にリフト乗り場があるが方向的にはここを登った先が本白根山なのでこの斜面を登って行った。

P8250013_512 何もない小山を下りて行くと正面に昔の噴火口跡のような広い窪地が出てくる。

右手の斜面にはコマクサが生えているがピークは過ぎいていた。P8250014_512_2

その先に展望台と最高点の分岐があるがとりあえず右手の最高点がある場所に向ってみる。

しかし最高点らしい場所に行っても単なる通過点しか見えなかったのでさらに先に進み三角点のある2165mを目指す。途中で見晴らしの効くところまで行って見るがGPSの軌跡が外れだしたので間違いに気づき、少し戻って通行禁止の標識の中を行って見るとハイマツの藪が行く手を阻んだ。

P8250017_512 途中で方向が分からなくなり右往左往したが何とか三角点に到着。三角点のある場所は藪の中だったが目印のポールが立っていた。帰りも方向が分からず少し迷ったが何とか入り口まで戻れた。

P8250021_512

その後、見晴らし台への分岐まで戻り、見晴台に上がった。ここは白根山の標識もあり大勢の登山者(観光客)で賑わっていた。

その後、道沿いに周回コースを戻ったが退屈な道でやけに長かった。

ゴンドラの山頂駅のある道路まで行くと駐車場まで行く無料バスが出ていたので遠慮なく乗せてもらった。

その後、駐車場から少し登って観光客と一緒に湯釜見物をした。

P8250027_512

湯釜の帰りに北側のピークにケルンがあったので登山道を外れて寄ってみたがどうみてもこちらが白根山の山頂ではないかと思った。

P8250030_512

« 薬師岳 | トップページ | 浅間山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

草津白根には2回ほど行っていますが、ケルンには気づかなかったと思います。
また行かねば!

ここは本当の山頂はどれかがはっきりしませんね。
三角点のある山頂もほんとうに最高点なのか怪しいです。

ケルンがある山頂は湯釜に登って行くと正面に見えますよ

2回ともガスっていて湯釜の色が少しわかる程度でした。
スカッと晴れた時に行きたいものです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491114/46996682

この記事へのトラックバック一覧です: 草津白根山:

« 薬師岳 | トップページ | 浅間山 »

無料ブログはココログ